『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.11
ゆるやかなつながり
Loose Connections
それとなく仲間の状況を知ることで、いつもどこかで通じ合う。


コミュニケーションにおいて最も大切なことは、語られていないことを聞くことである。― ピーター・ドラッカー



プロジェクトの時間外では、メンバー同士であまり関わり合いがない。
▼その状況において
定期的な集まりだけではメンバー間の距離が縮まらず、毎回よそよそしい雰囲気でプロジェクトを始めることになる。
  • 限られた時間では、人との距離を縮めることは難しい。
  • 距離感があると、会話が生まれにくい。
  • ▼そこで
    プロジェクトで集まる時間以外でもゆるやかなつながりを持ち、それとなく他のメンバーの状況を知ることができる工夫をする。
    連続性のあるコミュニケーションをとるようにするため、プロジェクトで集まる時間以外もメンバーとシンクロできるような工夫をする。例えば、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って、お互いの状況をそれとなく知ることができるようにしたり、一緒に食事していろいろな話をする機会を設けたりする。
    ▼その結果