『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.12
弱さの共有
Vulnerability Disclosure
一人ひとりの弱さは、チームの強さに変わる。


「弱さ」は「強さ」の欠如ではない。「弱さ」というそれ自体の特徴をもった劇的でピアニッシモな現象なのである。それは、些細でこわれやすく、はかなくて脆弱で、あとずさりするような異質を秘め、大半の論理から逸脱するような未知の振動体でしかないようなのに、ときに深すぎるほど大胆で、とびきり過激な超越をあらわすものなのだ。 ― 松岡 正剛

弱さのない奴って、色気がねえんだよ。 ― 泉谷 しげる



プロジェクトを進めていく上で、悩みや不安、問題を抱えている。
▼その状況において
悩みや不安、問題をひとりで抱え込んでしまい、作業が滞ってプロジェクト全体の進行に影響を及ぼしてしまう。
  • 悩みや不安、問題を抱えているときには、創造的な発想は生まれにくい。
  • ある人が抱えている悩みや不安、問題は、他の人からはわからない。
  • 作業が滞ってしまいプロジェクトに影響が出ると、ますますネガティブな気持ちに陥ってしまう。
  • ▼そこで
    プロジェクトに関することでも、それ以外のことでも、抱えている悩み・不安・問題をチームのメンバーと共有する。
    小さなことでも話を聞いてもらったり、具体的なアドバイスをもらったりする。現在進行形で困っていることでも、これから起こりそうなことの心配でも、自分だけで抱え込まずにメンバーと共有する。プロジェクトの活動の場ではなかなか言い出しづらいかもしれないので、行き帰りやご飯を食べる機会など、何気ないときに、話を切り出してみるとよいだろう。
    ▼その結果