『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.16
創造の場づくり
Collaborative Field
ワクワクする空間を自分たちでつくる。


イノベーションにはチームが必要だ。そして、チームには生育し成長する場所が必要である。 ― トム・ケリー



プロジェクトの活動場所について考えている。
▼その状況において
自分たちにとって創造的な活動がしやすい場所はなかなか見つからない。
  • 創造的なアイデアは、開放的で自由な雰囲気の中で生まれやすい。
  • フォーマルな空間では、インフォーマルな発言は出にくい。
  • 何が活動のしやすさにつながるのかは、プロジェクトや人によって異なる。
  • ▼そこで
    楽しくのびのびと創造的な活動ができる空間を、自分たちでつくる。
    まず、プロジェクトの活動の場には、メンバーで輪になって話しあえるテーブルや、アイデアを書いたり情報を整理したりするためのホワイトボードがあるとよい。それに加えて、自由にのびのびと活動できる工夫や、活動が楽しくなる遊び心を加えてみる。例えば、壁一面をすべてホワイトボードにすると、一般的なサイズのものに比べて、誰でも思いきり書くことができ、自由にどこまでも発想を広げてよいという印象を生み出すことができる。また、ブレインストーミングなどで付箋を使うときには、カラフルな色を混ぜて使ったり、面白いかたちのものを使ったりすると、見た目が華やかになり、楽しい雰囲気になる。
    ▼その結果