『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.21
ゴールへの道のり
Roadmap to the Goal
目指すゴールへと確実に辿り着くために、
どうやって進むのかを確認する。


結果から逆算して、自分が今日何をすべかを論理的かつ合理的に思考できるかどうかが、成果をつかめるかどうかの分水嶺になるの です。― 長谷川 和積



プロジェクトが進み、目の前の作業に集中している。
▼その状況において
ゴールにたどり着くことができないペースでプロジェクトを進めてしまう。
  • 目の前の作業に集中するほど、他のことが意識できなくなる。
  • 自分たちの近い将来の苦難を想像することは、心理的に避けてしまう。
  • 時間は有限である。
  • ▼そこで
    メンバー全員で今後の流れを把握し、ゴールから逆算しながらマイルストーンを設定する。
    全体の状況を踏まえて、ゴールから逆算し、いつまでに何ができていないといけないのかを確認する。そして、今後何をすべきなのかを定期的に把握する。それを実現するためにどのようなスケジュールで取り組んでいくのかをみんなで決める。このとき、創造に不可欠な「意味のある混沌」(No.18)の時間や、クオリティ上げのために「一度こわす」(No.27)時間も考慮にいれることが重要となる。
    ▼その結果