『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.22
臨機応変な動き
Improvised Roles
状況に応じて、役割の垣根を越える。


マウンドに立ってからでないと、どういう球を投げるかわからない。― 松坂 大輔



プロジェクトが進行していくなかで、当初は予想しなかった問題やタスクが生じている。
▼その状況において
その問題やタスクに誰も取り組まず、放置されたままになってしまう。
  • 自分の役割に集中してしまうと、他のことに気づきにくくなる。
  • 無意識のうちに他人まかせになってしまう。
  • 役割以外のことをやらなくても、責任は問われない。
  • ▼そこで
    プロジェクト全体の進行と個々のメンバーの状況をみて、いま自分が何をすべきかを考え、臨機応変に動く。
    一歩引いて、プロジェクト全体を俯瞰してみる。誰が何に取り組み、どこに取りこぼしや追加の問題・タスクがあるのかを把握する。そして、重要度から判断して、それらに取り組んでいく。このときは、以前に決めた「貢献の領域」(No.8)や役割・担当にとらわれずに、できる人ができることをするという意識で積極的に動く。今まで自分が関わってこなかった領域であれば、「活動の足あと」(No.17)をたどり直して、これまでの経緯を理解しながら取り組む。
    ▼その結果