『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.24
世界を変える力
Power to Change the World
いまつくっている成果は、
本当に「世界を変える力」をもっているだろうか?


世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変える。 ― スティーブ・ジョブズ



プロジェクトの成果がカタチになりつつあり、そのつくり込みを行なっている。
▼その状況において
成果のつくり込みの詰めが甘いと、プロジェクトが目指す未来を実現することはできない。
  • 終わりが見え始めると、完成することが目的になってしまいがちである。
  • 外部からの目がないと、自分たちの現状に疑問を持てない。
  • クオリティは数値で測れるものではない。
  • ▼そこで
    いまの成果が本当に「世界を変える力」を持っているのかを問い続ける。
    ターゲットとなる人たちがその成果にどのように出会い、どのような印象をもち、どのように使うのかを具体的に想像する。その上で、成果を本当に使ってくれるのか、そして、使い続けてくれるとしたらそれはなぜなのかを考える。もし「世界を変える力」を持っていないとしたら、どうしたらその力を持たせることができるかを考える。すでに力を持っているならば、それを強化するためにはどうすればよいか考える。
    ▼その結果