『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.25
クオリティ・ライン
Quality Line
目指すクオリティの高さを
何度も何度も確認する。


一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む。 ― 松下 幸之助

絶対勝つと思ったら、勝つ。高く昇ろうと思ったら、高い所を思え。勝つのは、たいがい、勝てると思っている人間だ。 ― アーノルド・パーマー



高い成果を求めて、つくり込みをしている。
▼その状況において
各自が「よい」ものをつくりたいと思っていても、そこそこのクオリティになってしまう。
  • 人によって、「よい」と思うレベルは異なる。
  • 一度カタチになると、満足してしまう。
  • 明確でなく、目に見えないものをメンバー間で共有することは難しい。
  • ▼そこで
    目指すクオリティを高いレベルに掲げ、それと現状との差異を全員で何度も確認する。
    高いクオリティは、現状との差異で「まだ足りない」という感覚からのみ感じることができる。プロジェクトのメンバーと、ことあるごとに自分たちが目指している「クオリティ・ライン」が相当に高いということ、そして「現状では、圧倒的に足りない・遠い」ということを確認しあうことが大切だ。そのような機会を何度も設けよう。
    ▼その結果