『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.26
こだわり合う
Creative Clashes
少しでもよくするために、本気でぶつかり合う。


遠慮したり、内にこもらせず、面白くぶつかり合うことが大事だね。ぶつかり合うことが面白いと思って互いをぶつけ合う。そうすれば、逆に生きてくる。― 岡本 太郎



ある程度納得できるアイデアや意見が出てきた。
▼その状況において
多少違和感を感じたり代案があったりしても、それらの意見は出しにくくなる。
  • これまでの努力・苦労を台無しにすることは、心理的に難しい。
  • 意見を言うことが、相手への批判と捉えられてしまうことがある。
  • 何も言わない方が、プロジェクトが滞らずに進むように感じる。
  • ▼そこで
    よりよい成果を生み出すために、本気で意見をぶつけ、話し合う。
    自分の意見を出すときには、よりよい成果を出すためだと思って、どうして自分がそう考えるのかを、相手に誠意が伝わるように話す。代案が思い浮かばなくても、違和感があることだけはまず伝え、他のメンバーも巻き込みながら一緒に考えていく。逆に、自分が納得できない意見が出ても否定せず、さらに掘り下げて聞いてみる。メンバー同士のぶつかり合いではなく、アイデアや意見のぶつかり合いであることを意識するとよい。
    ▼その結果