『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.28
期待を超える
Beyond Expectations
「いいね」の上をいく。



やってきたことがひとまずカタチになった。
▼その状況において
つくった成果に対して、受け手から「いいね」という当たり障りのない評価しか得られない。
  • 人の興味範囲は様々であり、共感を得るのは難しい。
  • 時間と労力をかけてつくったものは、つくった本人には実際よりもよく見えてしまう。
  • 事前に想定していたのと同じようなものには、驚きや感動は生まれにくい。
  • ▼そこで
    受け手が想像していると思うものを想像し、それを超えるように成果を育てていく。
    成果がどのような種類で、類似のものがどのようなものかによって、受け手が期待するものを大方想像することができる。その期待を想像した上で、それを超えるようなつくり込みを行う。ただし、受け手の期待を超えること自体が目的となってはならない。あくまでも、自分たちがどのようなものを生み出したいかということからスタートし、それが期待をどう超えるのかを考える。
    ▼その結果