『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.29
ファンをつくる
Project Followers
つくったものの世界観に魅了される人たちを想う。


まず自分が感動しなければいけない。そして、それをなんとしても伝えたいという気持ち。……人を感動させるのは、その何かをなんとかして共有したい、わかちあいたい、という心意気なのではないでしょうか。 ― 千住 博

人に喜んでもらう、人のためになる音楽をつくりたい、とは思うが、人の評価を意識してつくるということではない。 ― 久石 譲



やってきたことが、とりあえずカタチになった。
▼その状況において
自信をもってつくったが、世の中にはなかなか広まっていかない。
  • 機能的に十分で、 クオリティが高いからといって、人気が出るとは限らない。
  • つくったものの魅力を、つくった本人が語っても、説得力がない。
  • 人は自分が自分が魅了されたものでなければ、他の人に伝えようと思えない。
  • ▼そこで
    ワクワクしてくれる「ファン」をつくるつもりで、つくったものの世界観を磨き上げる。
    人に愛されるものをつくりたければ、まずは自分が愛情を注げるものにしなくてはならない。そのために、「ファン」がワクワクしている姿を想像しながら、信念・哲学をもって細部までこだわり抜く。
    ▼その結果