『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.30
広がりの戦略
Strategic Developments
ひとつでたくさん、チャンスにつなげる。


カルピスの原液を作らないといけない。それは最初から薄く、広くを狙うのではなく、濃いものを作れば、必ずそこから派生して広がっていく。 ― 秋元 康



プロジェクトの成果の活かし方を考えている。
▼その状況において
当初目指していた成果や目標の実現しか見ていないと、展開のチャンスを逃してしまう。
  • 目標の達成に夢中になっていると、達成した後のことまで意識を回しにくい。
  • その後の展開は未知数であるので、自然の成り行きや偶然に頼ってしまいがちである。
  • チャンスは、ただ漠然と待っていてもやって来ない。
  • ▼そこで
    目指していた成果だけでなく、さらなる展開を考え、多面的にアプローチしていく。
    自分たちの成果が、目指していたのとは別の分野で活用ができないかを考え、それを実行するチャンスを模索する。例えば、プロジェクトの魅せ方を変えてアピールしたり、ターゲットの層を広げてみて狙い方を変えてみたりする。一つの成果だけで終わらせるのではなく、「一石三鳥」を狙うくらいのつもりで、広がりを持たせる。
    ▼その結果