『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.32
つくり続ける強さ
Enduring Strength
心も身体もタフになる。


人生において重要なことは、大きな目標を持つとともに、それを達成できる能力と体力を持つことである。 ― 孫 正義

長い小説を書くのはサヴァイヴァルの訓練のようなものです。そこでは芸術的感受性と同じくらい、身体の強靭さが必要とされます。 ― 村上 春樹

仕事は” 点” ではなく” 線” だ。集中して物事を考え、創作する作業を、次へまた次へとコンスタントに続けられるかどうか。… 一流とは、ハイレベルの力を毎回発揮できることだ。 ― 久石 譲



創造的コラボレーションに継続に取り組みたい。
▼その状況において
精神力や体力の限界から、途中で妥協したり、続けられなくなったりしてしまう。
  • 創造行為には、集中力・ねばり強さなどの精神力や、体力が求められる。
  • コラボレーションは複数人で取り組むものなので、自分のリズムで休むことができない。
  • 追い込みの時期はたいてい、身体を休める時間を十分に取ることができない。
  • ▼そこで
    コラボレーションの基礎体力を上げるために、日々、資本となる心と身体を鍛える。
    例えば、日頃からランニングをして体を鍛え、長時間走り続けることへの耐性をつける。登山のように、常に自分の体力・精神力をともにコントロールする必要があるものも、効果的である。また、鍛錬だけでなく、健康を保つためのベースとなる食生活や睡眠にも、日頃から気を配る。
    ▼その結果