『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.33
感性を磨く
Polishing Senses
豊かで深みのあるクオリティを感じ、味わう。


いつも自分を磨いておけ。あなたは世界を見るための窓なのだ。 ― バーナード・ショーこの世で最高のもの、最も美しいものは見たり触れたりはできません。心で感じるものです。― ヘレン・ケラー

意識的に記憶している過去にとどまらず、すっかり忘却の底に沈んでいるであろう過去が、それぞれの人間のなかで、かたちを変えつつ未来に反映していく。 ― ミヒャエル・エンデ



創造的コラボレーションに継続的に取り組みたい。
▼その状況において
同じ分野においてすでに誰かが成し遂げていることを意識するばかりでは、独自性が生まれにくい。
  • 専門分野を深く掘り下げれば、新しいものを生み出せると思いがちである。
  • 同じ分野のことだけを注視していると、生まれてくる発想に限界がある。
  • すでにあるものを目標にすると、知らず知らずのうちに、それにとらわれてしまう。
  • ▼そこで
    良質なものを見たり感じたりすることで、感性を磨く。
    優れた芸術や自然がもつ、豊かで深みのあるクオリティを心と身体で受け止める。このような感覚を味わうこと、そのような時間を過ごすことは、何事にも代え難い経験となる。自分に馴染みのない分野・ジャンルを知りたい場合には、チームのメンバーや身近な人に紹介してもらうというのもよい。目標に向かって突き進んでいるときとは異なるモードで、じっくりと味わおう。
    ▼その結果