『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.5
共感のチームづくり
Sympathetic Union
「目指す未来」や「志」に共感できる仲間と組む。


明確かつ焦点のはっきりした共通の使命だけが、組織を一体とし、成果をあげさせる。― ピーター・ドラッカー



プロジェクトに参加するメンバーを集めている。
▼その状況において
専門性や知識・スキルの「多様性」ばかり重視してメンバーを集めると、チームがバラバラでうまくいかなくなるリスクが生じる。
  • 専門が異なれば、認識や考え方、価値観が根本的に異なる。
  • 自分の専門と異なる人と話すためには、自分の専門の特徴をよく理解した上で、相手にわかるように話さなければならない。
  • 特定の専門性や知識・スキルが、そのプロジェクトに本当に役立つかどうかは、実際に取り組んでみないとわからない。
  • ▼そこで
    「目指す未来」や「志」に共感できる人とチームを組む。
    プロジェクトの目的や意義、今後のヴィジョンを語り、それに共感してくれる人とチームを組む。プロジェクトに必要となりそうな専門性や知識・スキルを持っていることもよいが、あくまでも「目指す未来」や「志」に共感することを優先する。現在の自分たちに足りない知識やスキルについては、プロジェクトを進めながら、新しく身につけたり強化したりするとよい。
    ▼その結果