『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.7
一体感をつくる
Feeling of Togetherness
みんなで一つのものをつくっているという感覚を。


どんなに優秀な集団でも、みんなが勝手なほうを向いては持てる能力の半分も活かせない。明記すべきはチームワークである。 ― 松成 博茂

一緒にやろうという力がまとまってこないと物事は前へ進まない。成功の成否は人の和にあり。― 藤森 正路



プロジェクトが動きだし、メンバーがそれぞれの作業に取り組んでいる。
▼その状況において
個々の作業をバラバラにやっているだけでは、徐々に意識のズレが生じて気持ちが離れていってしまう。
  • コラボレーションは、分業の組み合わせではなく、チーム全体の創造行為である。
  • 自分の作業に専念するほど、他の人の活動や結果に意識がいかなくなる。
  • グループごとのまとまりが強くなると、他のグループとの間に壁ができる。
  • ▼そこで
    個々の作業のほかに、全員で同じ体験を共有できるような工夫をする。
    例えば、全体で集まる時間をとったり、ご飯を一緒に食べたりする。みんなで作業をしているときに、音楽をかけるだけでも雰囲気は変わってくる。あるいは、そのチームらしさを象徴するようなアイテムをつくってみたり、チームのメンバーだけがわかる内輪の話や決まり事をつくってみたりするという手もある。
    ▼その結果