『Collaboration Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
コラボレーション・パターンとは
コラボレーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
コラボレーション・パターン
No. 0 創造的コラボレーション

No. 1 未来への使命感
No. 2 方法のイノベーション
No. 3 伝説をつくる


No. 4 成長のスパイラル

No. 5 共感のチームづくり
No. 6 レスポンス・ラリー
No. 7 一体感をつくる

No. 8 貢献の領域
No. 9 成長のリターン
No.10 自発的なコミットメント

No.11 ゆるやかなつながり
No.12 弱さの共有
No.13 感謝のことば


No.14 創発的な勢い

No.15 まとまった時間
No.16 創造の場づくり
No.17 活動の足あと

No.18 意味のある混沌
No.19 アイデアをカタチに
No.20 インサイド・イノベーター

No.21 ゴールへの道のり
No.22 臨機応変な動き
No.23 飛躍のための仕込み


No.24 世界を変える力

No.25 クオリティ・ライン
No.26 こだわり合う
No.27 一度こわす

No.28 期待を超える
No.29 ファンをつくる
No.30 広がりの戦略

No.31 世界の文脈
No.32 つくり続ける強さ
No.33 感性を磨く

No.9
成長のリターン
Return of Growth
プロジェクトを通じて、どう成長したいのだろう?


小説を書くのは、僕にとってすごく大事なことなんです。それは自分の作品を生み出すことであると同時に、自分自身を変えていく、自分自身をバージョンアップしていくことでもあるわけだから。 ― 村上 春樹

自発的に何かをしようとした経験以外は、あなたの記憶には残らない。― 石井 貴士



プロジェクトが始まり、これからやることがある程度具体的に見えてきた。
▼その状況において
プロジェクトに貢献するという意識だけでは、中長期的に見たときにモチベーションを維持できなくなる。
  • 貢献する気持ちを、いつも強く持ち続けることはできない。
  • 自分がやる意義を感じられないものに、一生懸命取り組むことは難しい。
  • ▼そこで
    自分がプロジェクトに参加する意義や、プロジェクトの経験から得たい学びを明確にする。
    例えば、プロジェクトを通して自分の可能性をいかに広げられるのかを、経験の蓄積、スキルアップ、人との出会いなど、さまざまな視点から考えてみる。お互いのリターンについて理解し合うために、メンバー同士で語り合う機会を設けるとよい。
    ▼その結果